ホーム » スタッフブログ

06/13 : I 邸の庭園管理

IMG_3202

本日、I 邸 庭園の管理作業を行っています。
IMG_3226
見学は、事前予約制で特別拝観を、期間限定で開催されています。
投稿者:tsushima

06/10 : 雑木林を創る

大阪上本町の新築マンションで植栽工事を行っています。
大阪の天王寺区の新築マンションで植栽工事を行っています。
天気予報は、梅雨に入ったと言うのに今日は30°越えの真夏日です。
高木の植栽が進むと、大阪の街中にいきなり雑木林が出現し、近所の方が驚かれています。
仕上げにはもうしばらくかかります。
iPadから送信
投稿者:master

06/09 : 千里のビオトープ

NiwaNaviImage
梅雨に入り、小雨模様ですが、緑地の管理作業中です。本日は、芝刈り・除草・低木、地被の剪定・高木の障害枝剪定を行いました。
NiwaNaviImage
千里のパナホームつながりの広場は、2013年千里の里山をコンセプトに弊社で設計施工させて頂きまして、引き続き緑地のメンテナンスをさせて頂きています。ビオトープの植物も年々増殖し背黒セキレイやカワラヒワが遊びに見ていました。空から見ると小さなビオトープですが千里周辺の里山と生態系が繋がってきたと思います。
投稿者:tsushima


ちくさ高原では、日本最大級のクリンソウが見ごろを迎えています。
地元クリンソウを守る会の方が丹精込めて手入れされています。


投稿者:tsushima
IMG_2051 (1)
5月のこと、倉庫の片隅で、猫が3匹子供を産みました。中の1匹を親が放棄してどこかに行ってしまいました。見るに見かねて、今年入社したKさん(女性)が連れ帰って面倒を見てくれることになりました。
IMG_2315
子猫の名は、:ヒナタ :
最初は目も開いてなかったそうですが、新しいおかーさんのもと、こんなに元気になりました。
つづく・・・・・
投稿者:tsushima
NiwaNaviImage
摩耶山某T寺境内のヤマボウシが、見頃です。
神戸新聞社が取材に来たそうで、今日6/1の夕刊に掲載されるようです。
今年は1週間ほど早く開花し、多くの人が訪れていました。

このヤマボウシは、H26年に神戸市民の木に登録され兵庫県で一番美しい樹形だと言われています。
この画像は午後ですが、六甲山特有の霧に包まれる時は、まるで雪が積もったように見えます。
投稿者:tsushima
NiwaNaviImage
そろそろ、ザイフリボクの実が美味しそうに実ってみました。ザイフリボクは六甲山系の山中に自生する郷土在来種で4月桜のころ白い清楚な花を咲かせ、わずか二か月で実を付けてくれます。野鳥も大好きなので木の上の方は野鳥の為に残してあげましょう。
NiwaNaviImage
早速、朝食に頂きます。たくさん収穫出来ればジャムに出来るのですが、・・・・小鳥との競争です。
投稿者:tsushima
DSC_3120
はじめまして、ブログを担当します三谷です。
日頃は、対馬造園店をご贔屓頂き有難うございます。
このブログは、造園に関する植物や庭つくりの:うんちく:を取り入れて時間のある時にアップしますので、
よろしくお願い致します。
今日、いつもお世話になっています研究所の庭園でシチダンカが美しく咲いていました。
シーボルトが六甲山で発見したという幻の山アジサイです。
この花は、古く江戸時代から知られていて、シーボルト(幕末に長崎に来たオランダ医師)
がオランダに帰り、日本で採取した資料をもとに研究、著した「フローラ・ジャポニカ」
の中で「ヒドランゲア・ステルラダ」という名でこの花を紹介していますが、
彼のあと日本人の誰もがその実物や標本を見たものがなく、長い間探し続けていましたが、
たまたま、昭和34年(1959)当時、六甲小学校に勤務していた、荒木慶治氏が
六甲山ケーブルの沿線で偶然にも採取し、室井繰博士によって、それがシチダンカで
あることが確認、まさにシーボルト以来130年ぶりの発見でした。
これが「幻の花」の由来です。
外側は楕円形ですが、内側にいくほど小さく星型に重なりあっています。
シチダンカという和名はこの花形が何段も重なったところから来たものと思われます。
小雨ふる、木立の足元にひっそり咲く清楚なシチダンカはアジサイより少し早いこの季節です。
投稿者:tsushima
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » スタッフブログ